【勉強】HSS型HSP向け効率的言語学習方法【オススメ】

Moe

多趣味で海外好きが多いHSS型HSPの方々!

ふと思いつきで言語学習を始めるものも、すぐに興味を失ったり、他の言語に目移りすることも多いのではないでしょうか?

私もHSS型HSPの一人ですが、今まで

ロシア語・オランダ語・フィンランド語・中国語・韓国語・英語・スペイン語・フランス語

いろんな言語を学習しようとしました。

現在も学習を続けているのは、韓国語・英語・フランス語のみですが、

HSS型HSPの特性を生かした学習方法に取り組んでいます。

今回は、飽きやすく新しい物好きのHSS型HSPのための特性を生かしたオススメ言語学習法を紹介します!

目次

HSS型HSPのための言語学習方法

外国語学習を日常に取り入れる

HSS型HSPの人は物事を続けることが苦手です。

というのもすぐ集中が切れたり、少し慣れてしまうと、新しいものに目移りしてしまうからです。

例えば、私は単語帳で単語を覚える単純作業的な勉強や地道な文法の練習が苦手です。

すぐ集中が切れてしまったり、机に向かうことすら億劫になります。

HSS型HSPの型は「よし勉強しよう!」と思えば思うほど、勉強できなかったりするのではないでしょうか?

この問題を解決するためには、あまり言語学習を深く考えないことが大切です。

例えば、「勉強するぞ!」と思いながら机に向かうのではなく、スキマ時間を活用することです。

具体的には、通勤・通学途中にPodcastを聴いたり、単語を覚えることができます。

またお風呂に入ったり、料理をしている最中にYouTubeで文法やフレーズの聞き流しなどを習慣的に行うことで、自然とボキャブラリーを増やすことができます。

オススメは短めのフレーズ・長すぎない動画(15分以内ほどです!

ネイティブと話そう

HSS型HSPはHSSの面を持ち合わせているために、初対面や1対1で話す際にはあまり苦労しません。

この特性を生かして、ネイティブと話す機会を多く持ちましょう!

最近は「でも、そんな簡単にネイティブと話す機会なんて無い!」と思われるかもしれません。

しかし、オンラインでハロートークなどの言語交換アプリを通せば、たくさん(しかも無料で)会話できます。

ここで注意ですが、HSS型HSPのベースはHSPなので、大人数で話すことはオススメしません。

例えば、英会話スクールであれば、集団よりも個別のクラスを選ぶ方が良いでしょう。

定期的にモチベーションを上げる

すぐに飽きる癖があるHSS型HSPは定期的にモチベーションを上げないと学習を続けられません!

HSS型HSPは有益感を感じたり、新たな目標を作ることでモチベーションを上げることができます。

例えば、定期的に海外旅行に出かけて、学んだ言語を話してみることです!

自分が学習した言語で、相手とコミュニケーションを取ることができると有益感を感じられ、

「勉強して良かった!これからも頑張ろう」と思うことができるのでは無いでしょうか?

海外に行かなくとも、先ほど紹介した言語学習アプリなどを用いて電話することなどによりモチベーションを上げることはできます!

また、同じ言語学習者からヒントを得たり、生活を見ることで憧れを持つことも大切です!

有益感を感じる経験をした後は言語学習に対する新たな目標を作ったり、リフレクションを重ねてモチベーションを上げましょう!

またモチベーションの継続のために、できるだけ具体的な目標を立てましょう

目標をプランニングしている時、完成した時はウキウキしますよね!

このウキウキを長く続けられるように、勉強を日常的に取り入れることを継続してどんどんレベルアップしましょう!

まとめ

今回はHSS型HSPのための特性を生かしたオススメ言語学習法を紹介しました!

この3つの方法は互いに同時進行しながら、続けて行きましょう!

大切なことは「勉強していることを意識しすぎないこと」です。

言語交換アプリで友達を作ったり、海外旅行に出かけたりして、あたかも勉強していないかのように勉強することをオススメします。

続けることが苦手なHSS型HSPは、「自分が勉強している」と意識しすぎると、慣れから他のことに完璧に目移りしてしまう可能性も秘めています。

「言語学習を日常に取り入れて、ルーティーン化」することで、自分自身に慣れを感じさせすぎないようにしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる