【主にKpop】オタ活に使える実用的英語スラング集【まとめ】

2021年2月22日

【主にKpop】オタ活に使える実用的英語スラング集【まとめ】

Kpopやアーティスト動画のYouTubeのコメント欄を見ていると、英語のコメントが多いことに気づきませんか?

アイドルのSNSでも大量の英語コメントが見られたり、インスタグラムで630万人以上のフォロワーを抱えるBTS Vのファンアカウント(@bts_v)のように英語話者が大規模ファンアカウントを運営していることも!

 

そんなKpopオタク界の中でも主流言語である英語を知ることで、あなたのオタ活もより広く深くなるはずです。

実は英語の中にもオタクがよく使う言葉があります!

 

今回はオタ活に使える英語スラング集と題して、そんなオタ活に役立つ実用的な英語スラングを紹介します。

基本的にはKpopオタク(ファン)をターゲットとしていますが、他の分野でも使えるフレーズです!

オタ活に使える英語スラング集

推し編

bias:推し

(例)Who’s your bias in BTS ?(防弾少年団の中で推しは誰?)

bias wrecker:推しがいるにも関わらず 新しく推してしまいそうになるぐらい好きなメンバー

(例)My bias in BTS is V but JHOPE is such a bias wrecker nowadays…… (BTSの推しはテテだけど、JHOPEも最近きてる)

stan:推し(名詞)

推す・熱狂的に応援する(動詞)

(例)I’ve never watched GFRIEND’s choreography videos before but I’m officially stanning them from now !
(今までヨジャチングのダンスビデオを見たことなかったけれど、今から推すことにした!)

オタクの会話に頻出編

lightstick:ペンライト

trainee:練習生

All-Kill:メジャーな音楽チャートで曲が全て1位になった時に使う表現(新曲が出た直後など)

killing it:イケてる(輝いているようなイメージ)

(例)He’s obviously killing the stage(彼がこのステージで明らかイケてた)

killing point:イケてる部分 例:曲のハイトーンやダンスブレイクなど

line:生まれた年を表す

(例)1999年生まれ→99line

2003年生まれ→03line

Fan  Chat:曲途中の掛け声

unhelpful Guide:ファンが作るYouTubeのグループやメンバー個人に対する入門者向けの動画

韓国語からそのまま編

sasaeng:사생활(私生活)の略である사생(読み方はサセン)の英語 アイドルの私生活まで追いかける大迷惑なファンのことを指す

aegyo:愛嬌(애교:エギョ)

hwaiting:韓国語のファイティン!日本語のファイト!

makne:メンバー内での末っ子(막내:マンネ)

daebak :やばっ!(대박:テバッ)

nim:様(님:ニm)

まとめ

今回はオタ活に使える英語スラング集と題して、そんなオタ活に役立つ実用的な英語スラングを紹介しました!

どの言葉も英語圏ファンのSNSでは頻出なので、オタ活充実のためにも、英語の練習のためにも是非覚えてくださいね!

 

関連記事