Kpopアイドルが初めてファンと触れ合った時(GET REAL#42 AleXa・BM・アシュリー 和訳)

今回の和訳はGET REAL#42のハイライトからです!

GET REALはDIVE StudiosによるBTOBプニエル・KARD BM・元Ladies’ Codeのアシュリーがホストのポッドキャスト番組です!

詳しくはこちらを参照ください。

できる限り正確に訳しているつもりですが、素人のため意訳を多少含み、完璧ではないのでご了承ください。

今回はプニエル不在・ゲストにAleXaが来ていました!

目次

Kpopアイドルが初めてファンと触れ合った時

BM(以下B):多分最初のファンとの交流はサイン会だったかな 自分が芸能人としてその場に立って、ファンが会いに来たのはその時が初めてだったと思う とてもよかった その当時は自分のことをあまり芸能人だと自覚できていなかったから、「うわ みんながこっちのことを見てる!」って感じだった(笑) 

Ashley(以下A):みんなBMのことKpopスターの後、認識していなかったの?

B:あー そうだね それが初めてだね その時は「あの人?」みたいな感じて言われてた

A:じゃあ それが好きだったんだね(笑)

B:うん その時は非・芸能人から、ちょっとだけ成長した感じだった 自分をテレビで見たり、コメントを見たりね とても感情的だったよね その時は

A:私はそこまで初めては覚えていないかな でもデビューしてすぐだったと思う 日本食レストランのウェイターだったけれど、「LADIES’ CODEのアシュリーですよね?」てささやかれて、サービスもつけてもらった その後もサインをしてあげた

B:いいね〜

AleXa:素敵!

B:ファンが近くにいると、何かしてあげたくなる 「歌でも歌ってあげようか!」って(笑)

ダンスもしてあげるよ〜って(笑)AleXaはどうだったの?

AleXa:んーもともと私はインスタグラムで投稿するカバーダンサーだったから、そこから事務所に引っ張ってもらったんだけど その当時にたまに道ゆく人とかが、立ち止まることはあった

A:地元はどこだっけ?

AleXa:OklahomaのTulsa そうだから 私がお店で働いていると、立ち止まって、スマホを見て確認して、話しかけてくることはあった 「写真を撮ってもいいですか?」「商品の提案をしてもいいかな?」って感じにね(笑)

韓国で話しかけられたのはPRODUCE48に出た時からかな、道を歩いていると二人の女の子から「Alexですか?」って声をかけれらた だから「うん!」って 写真も撮らせてあげたよ すごくいい思い出だよ

A:PRODUCE48はどうだった?

AleXa:うーん 難しかったよね みんなにとってもちろん難しかった その時にいろんなことを学んだけれど、カメラを探すのは今でもとても役に立っている! たくさん赤いライトがあったけれど、友達もたくさんできたね

A:何年前だっけ?

AleXa:2018かな

A:そんな前だっけ?まだ昨日のように感じるんだけど

B:2018年はまだ最近のように思えるね

まとめ

三人のそれぞれの初めてのファンとの交流話はどうだったでしょうか!

それぞれのストーリーがありましたね!

フルエピソードはこちらから

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる