JessiがUnpretty Rapstarを振り返る(KPDB#73 和訳)

今回はエリックナムがホストを務めるKPDBの和訳です!

KPDBが何かわからない方はこちらから

今回のゲストは大人気ラッパーJessiです!

目次

JessiがUnpretty Rapstarを振り返る(KPDB#73 和訳)

18秒〜

Jessi:ずっと私のところに作家さんが来た時のこと覚えてる 「Jessiさん 出てくれませんか? お願いします!」みたいに 6ヶ月の間ずっと私の家に毎日来てたみたいな感じ

アニメーション: すみませーん 消えて!

Jessi:Unpretty RAPSTERに出て欲しかったみたい

Eric:おぉ

Jessi:私は嫌だと言い続けた だってあの番組は…… Show Me the Money(有名ラップ番組)は好きだよ

Eric:うん

Jessi:でも私は番組の中にいることが想像できなかった 最初に番組に行った時、台本がなかったの 何というか

Eric:安心感がないというか?

Jessi:出演者も番組の人もお互い どうしよう….て感じだった そんな感じで 3時間か6時間で歌詞を書いてラップバトルをするようになった 何だこれ だから契約しなかったんだよって感じ だって私そういうラッパーじゃないし フリースタイルはしない

Eric:うん

Jessi:だから そういうことになって、韓国では有名になった Rapstarがね 人気になった理由としては、女性がラップするところに惹かれたんじゃないかな でもそうじゃないかも 視聴者はもっとドラマ的な要素が見たかった気がする

Eric:そんな気もするし Jessiがそのドラマ的な中での大きな役割を占めていた気もする

Jessi:私がドラマを始めたの? どういうこと? 私が番組のストーリーを作ったの

Eric:だからみんな見たんだよ

Jessi:でも変なの すごく変 だってUnprettyの全シーズンは私にとってもやもやだった だって すごく急だったし、30時間ぐらい1日で撮影してた

Eric:うん だってあの番組は

Jessi:いや30じゃないわ 20時間ぐらいの時があったわ

Eric:めっちゃタフ すごいタフ

Jessi:そして私たちは女性だし ラップしないといけないから 24や36小節を覚えないといけない 聞いたことない 男性であってもShow Me the Moneyでやらないよ だから私は「まじか?」て感じだった 全てのことが重なって「なんでここにいるみんな お互いに対して意地悪なんだろう」と思った 誰とも仲良くならなかったけど 全員とね 最初は親しかったけど、だんだん変わっていった その時に「いい人になろう」と思った

まとめ

Jessiの人気のきっかけとなったUnpretty Rapstarのお話でした!

想像以上にハードでした(汗)

フルエピソードはこちらから