【宿泊費がホテルの半額以下!?】5ヶ国で利用した大学生が教えるAirbnbの使い方【学生旅行にオススメ】

2021年2月17日

【宿泊費がホテルの半額以下!?】5ヶ国で利用した大学生が教えるAirbnbの使い方【学生旅行にオススメ】

「安く海外旅行に行きたい!」

「大人数で旅行予定!」

「ホテルじゃないところに泊まって見たい!」

 

今回は上記一つでも当てはまる方、必見の記事です。

 

「住むように暮らす」がモットーのAirbnb

一般的ホテルとは違い、ホストを通じて現地のアパートなどに宿泊することができる

サービスです!

そして、値段もホテルと比べると格段に安い!

場所にもよりますが、私は大体1泊3000円以下で泊まっています。

Airbnbでマレーシアのタワーマンションに泊まった体験はこちらから

「えっ それって本当に安全なの?」

「使い方がわからない」

 

今回はそんなあなたのために

5ヶ国でAirbnbを利用して宿泊経験がある私がAirbnbの使い方を紹介します!

Airbnbの使い方

Airbnbに登録

Airbnbを通じて宿泊先を探すには、まず会員登録が必須です!

Facebookアカウント・グーグルアカウント・メールアドレスなど、ご自身の好みで会員登録してください。

 

こちらからのご登録で初回予約が最大¥ 7,250オフになります!!

 

会員登録後はプロフィールを設定しましょう!

予約する際は顔写真などがある方が、お互いに安心感があります!

(必ず設定する必要はありません。)

宿を探す

基本的に宿を検索する方法は、ホテル予約サイトなどと同じです。

ロケーションに行き先、チェックイン・チェックアウトには日程・人数にはゲスト人数を入れましょう!

ちなみに海外旅行をご計画の際は、ロケーションには英語で入力した方が検索結果が出やすいです!

 

例として、ロケーションはSeoul・チェックイン3月23日チェックアウト3月26日・大人4人と入力して出てきた結果です。

スーパーホストは受け入れに慣れている、評価が高いホストのことを示します!

このように検索結果には条件と一致した宿の写真と値段、簡単な説明、そして地図が出てきます!

地図や説明で駅から何分など大体の位置はわかりますが、正確な住所がわかるのは予約後です。

 

同じ都市の中でも自分が宿泊したい地域があるのであれば、地図をドラッグしてその地域の宿を見つけることも可能です!

また地図には値段も載っているため、交通の便と費用を同時に検討することもできます。

料金・ベッドの数・キッチンの有無・アメニティー(エアコンの有無等)など細かい検索条件も追加できます!

部屋タイプは複数あります。

私はまるまる貸切しか選択した事がありませんが、

共有する事が好きな人はその他の選択肢を選んでも楽しい経験になるでしょう!

 

気に入った宿があれば、いいねやクリックして見ましょう!

詳しい写真や説明などを覗くことができます。

予約してみよう

今回はソウルの宿泊先の検索結果で一番上に出てきたマポの一軒家貸切をクリックして見ました!

 

Airbnbは外国人向けに部屋を貸し出されている人が多いため、ホストからの説明は英語が多いです。

翻訳機能も付いているので、チェックイン方法などは留意して読んでください!

疑問点などがあれば、ホストに直接連絡して見ましょう!(日本語対応していない限り、英語がベターです!)

 

合計額などを確認、この場合だと4人で泊まると一人一泊あたり1700円以下です!

7人まで宿泊できるので、7人に設定すると合計額は24,731円になりました。

一人一泊あたり1200円以下です!安い!!

 

特に日程を変更する可能性がある場合などは、キャンセル規定に注意しましょう。

宿を決めたら予約です!予約ボタンをクリックして、情報を入力しましょう。

支払いにはクレジットカードやPayPalが使用できます!

ホストとのコミュニケーション

予約後はホストにチャットで挨拶してみましょう!

軽い挨拶程度で大丈夫です。

 

ホストからチェックイン方法を詳しく言われることもあるので、必ずメッセージは確認してください!

 

部屋タイプがまるまる貸切りの場合は、ホストと顔を合わせるのか?ということですが

私は2度会ったことがあります!(フィンランド・チェコ)

2度とも最初のチェックインの際に鍵を渡しに来て、部屋を軽く説明してくれました。

 

しかし、韓国や香港では暗証番号なので会う必要が無かったり、国や住居タイプによって様々です。

 

滞在中に何か問題があれば、ホストに連絡しましょう!

大体すぐに返信してくれます!

 

チェックアウト方法もホストのメッセージに従ってください!

気に入ったら、滞在後にレビューを書きましょう。

注意点・英語の必要性

ここまでAirbnbの使い方をざっと説明しましたが、一つ大きな注意点があります。

それは、Airbnbは良くも悪くもセルフサービスが多い宿泊方法です。

 

例えば、ホテルではタオルなどが置いてありますが、Airbnbでは置いていないことが基本的です。

また場合によってはゴミ捨ても自分たちでやらなければなりません。

詳しくは各宿泊先の説明欄に書かれています!

 

アパートなどに泊まる場合は隣の部屋が現地の人の居住スペースであることも当たり前、

そのため節度を持って行動しましょう!

 

また英語の必要性ですが、海外ではホストとのコミュニケーションで必要になる場合が多々あります。

翻訳を用いてコミュニケーションすることも可能ですが、英語アレルギーな方はミスコミュニケーションに注意してください。

ホスト側にも不安を招いてしまうことになります。

 

心配な方は数はかなり減りますが、日本語対応に絞ることもできます。

Airbnbでお得で楽しい旅を!

今回は5ヶ国でAirbnbを利用して宿泊経験がある私がAirbnbの使い方を紹介しました!

 

「旅するように暮らす」がモットーのAirbnb

使い方も複雑ではなく、すぐに予約することができます。

 

ホテルのようなサービスを期待する人には向いていませんが、

現地に住むように暮らすことができる、そして安いので特に学生の方にオススメです!

 

まだ登録されていない方は是非こちらから登録を!

次の旅行に役立ててみましょう!

 

関連記事