【人種の坩堝】オランダが大学・大学院留学にオススメな理由【メリット多数】

2021年4月4日

【人種の坩堝】オランダが大学・大学院留学にオススメな理由【メリット多数】

「なんでオランダなの?」

「オランダの何がいいの?」

これは私の留学先がオランダに決まったときに、周りに言われたことです(笑)

 

このブログを読んでいるあなたもオランダ留学に興味があるはず!

私は交換留学先をオランダに決めていましたが、実は大学進学時にオランダも選択肢として考えていました!

今回は、そんな私がオランダが大学・大学院留学にオススメな理由を紹介します!

スポンサーリンク

オランダが大学・大学院留学にオススメな理由

国民のほとんどが英語を話す

オランダ人は英語が大の得意です!

公用語のオランダ語と言語ルーツ的に似ていることもありますが、オランダでは英語が話せるのが当たり前。

 

世界の非英語圏の国の中で、英語が通じる国ランキング 北欧諸国とともに常にTOP5入りしています!

私たち日本人にはあまり想像できないかもしれませんが、オランダ人の友人曰く本当に通じます。

幼い頃からテレビなどを通して、英語に触れる機会が多いみたいです。

 

英語でローカルの人ともコミュニケーションを取れるので、留学でもこの点は安心要素なのではないでしょうか?

人種の坩堝・留学生が多い

オランダは移民や留学生を活発に受け入れています!

現在大学生の8人に1人が留学生という実情です。

そのため、オランダ国内では様々な人種が行き交う人種の坩堝とも言われています。

特に首都のアムステルダムは世界で一番多民族な街と言われることも!

 

「留学するのであれば、いろんな国の友達を作りたい!考えを共有したい!」などと考えている人にはオススメです!

英語で学べるプログラムが多い

英語話者や留学生の多さで予測できた方も多いと思いますが、

オランダには学部レベルから英語で学べるプログラムがとても多いです!

 

隣国のドイツやフランスも非英語圏の留学先として人気ですが、学部レベルでは現地語での授業がほとんど……

オランダは入学から卒業まで、英語オンリーで卒業できます!またFree moverなど1年間留学での英語授業も多いです!

(交換留学等でも心理学の英語授業がかなり多いことが、私にとってオランダを留学先に決めた決め手の一つでした!)

 

是非 ご自身の専攻したい専攻と合うものが英語であるかどうか探してみてください!

Bachelor(学部)向け

Master(大学院)向け

優秀な大学が多い

オランダの大学教育は質が高いことで有名です。

日本での大学進学率は55%ほど、しかしオランダではわずか10%

 

また大学のレベルも高く、オランダ全土で大学は15校しかないにも関わらず、

デルフト工科大学 ・ライデン大学・フローニンゲン大学など多くの大学が世界大学ランキングの100以内に入るなど上位の常連です!

学費が英語圏以下・生活費は日本と同水準

留学=高額という印象がつきがちですが、オランダの場合はどうでしょう。

日本語学科もあることで有名、日本人にも人気が高い留学先であるライデン大学を例に挙げてみます。

(ちなみにオランダは親日国としても知られています!)

学費から一部学部を抜粋(bachelor 2021-2022)

Faculty of Humanities・Faculty of Law・Faculty of Social and Behavioural Sciences:€11,800

Faculty of Science:€15,700

 

学部を考慮すると日本の私立大学よりは少し高い印象です。

しかし、年200~400万する英語圏の大学と比べると、だいぶ安いと思いませんか?

 

生活費は住む都市や環境にもよりますが、日本と同水準ぐらいです!

東京と同じくアムステルダムは少し高い印象を受けます。

しかし、パンなどの食料品は意外と安かったりするので、やりくりが大切となります。

 

生活費の詳細は現地に留学されている方のブログ等を参考にしてください!

魅力たっぷりオランダ留学

今回はオランダが大学・大学院留学にオススメな理由を紹介しました!

 

日本にいる限り、オランダは歴史の授業で少し聞くだけ、あまり馴染みのない国に感じるかもしれません。

しかし、英語が通じることや魅力的なプログラムがあるので留学先としてはうってつけな環境です!

 

本文中には紹介しませんでしたが、私が最後にオランダに惹かれた点をもう一つ紹介します。

それはオランダが日本と文化的に違う点が多い(自由な国)ところです!

 

オランダは同性婚・大麻・安楽死など日本では違法なことが合法であることが複数あります!

またワークライフバランスが整っていること、子供が世界一幸せな国であるなど日本が見習うべきところも多数!

若いうちに、日本を出てそのような異文化に触れてみたいと考えていました。(結果として中止になりましたが笑)

 

この記事をここまで読んだあなた!ぜひ留学先をオランダを考えてみてください!


スポンサーリンク