【大学留学】留学先調べの際に最低限知っておくべき英単語【まとめ】

【大学留学】留学先調べの際に最低限知っておくべき英単語【まとめ】

「留学に行きたい!」

留学に行くと決めた時、留学先を選びたいもののどうしても日本語だけでは情報不足になりがちです。

特に大学や大学院への留学となると、かなり日本語での情報は限られてきます!

 

留学調べでは(留学先の現地語)+英語+日本語の情報を得ることができたら一番良いのですが、

そうと言っても現地語はともかく、英語で情報を得るなんて難しそう……

そんな方は多いのではないでしょうか?

 

私は最近、韓国の大学院を調べているのですが、まだまだ私の韓国語が限られているため

英語で調べることが多いです。しかし、得られる情報は日本語の数倍なのでとても役に立っています!

例えば、高麗大学であればホームページでは英語と韓国語の2ヶ国語対応で留学に関する情報が出されています。

 

今回はそんな留学先について英語で調べたいけど英語が問題となっているあなたのために、

留学先調べの際に最低限知っておくべき英単語をまとめてみました!

留学先調べの際に最低限知っておくべき英単語

基礎編

Bachelor: 学士

Master: 修士

PhD: 博士

Undergraduate School:学部

Graduate School:大学院

degree:学位

scholarship:奨学金

admission:入学

graduation:卒業

Exchange student:交換留学生

Visiting student:私費留学生

Free mover:私費留学生(visiting studentと同意義)

International student:留学生(正規留学生)

Freshman:新入生

Transfer:転校

出願編

academic calendar:アカデミックカレンダー(大学独自の1年の予定表)

application:出願

application period:出願期間

deadline:締切日

requirements:必要条件

minimum:最低

maximam:最大

nomination:推薦

tuition fee:学費

application fee:出願費用

admission fee:入学費

refund:返金

transcript:成績証明書

admitted student:入学を許可された生徒

prospect:入学を希望している生徒

submission:提出

授業編

course:授業

unit:単位

drop out:履修を途中でやめる

attendance:出席

absence:欠席

syllabus:シラバス

evaluation:評価

dean:学部長

社会・生活編

society:研究会(サークル)

accommodation:住居

dormitory:寮

Mentoring program:メンタリングプログラム(留学生に対してメンターがつく制度)

英語を用いて情報収集!

今回は留学先調べの際に最低限知っておくべき英単語を紹介しました!

英語圏の大学検索にはもちろんですが、英語圏以外でも英語を用いることにより日本語では得られない情報を得ることができます。

 

是非 英語の勉強にも、そして大学調べにも役立ててみてください!

 

関連記事