【絶対合格】高校生が英検準1級に受かるための勉強法!【英語学習法】

高校生にとっては大学入試のシーズンになりましたね!

大学入試といえば、文系理系構わず必要な科目の英語

最近の大学入試では、英検などの民間試験のスコアも使用できるところが多いのではないでしょうか。

例えば、関西の有名大学 関西大学の外国語学部の入試では英語のCEFRレベルB2以上

英検で言えば準1級(CSEスコア2300以上)を取得していれば、外国語が満点扱いになります!

このように英検準1級を持っていると、自身の英語力の証明だけではなく大学入試にも有利に働く場合は多いです!

私自身も高校2年生の時に英検準1級に合格し、大学入試にも出願書類の一部として役立てました!

私は公募推薦でしたが、面接で面接官に英語を褒められて嬉しかったという経験もあります(笑)

今回は、英検準1級に合格するコツ高校生向けに紹介します!

(全て高校生以外にも使えるコツでもあります!)

目次

高校生が英検準1級に合格するコツ

試験日から逆算してスケジュールを立てる

英検といえども、学校の定期試験と同じ試験です!

勉強前に計画は必須となります。

スタディープランナーなどを用いて、計画を立てましょう!

計画を立てる時のコツは 、試験日から逆算すること、詰め込みすぎないことです!

例えば、単語帳で20daysなどであれば1ヶ月ぐらいの余裕を持って取り組みましょう。

あまりの10日間はケアデーとして、溜まってしまった分や分からないところを解消する日にできます!

また試験日から逆算して考えることで、「参考書が終わらなかった!」なんてことも防げます。

まずは単語力!

英検準1級の勉強を始めたいけれど、何から始めたらいいかわからない…….

そんな方はまず単語の勉強から始めましょう!

英検準1級を目指している人は、ある程度の文法力などは既にあるはずなので

単語の力が付けば、大問1を容易にクリアでき英検準1級への合格は大分近くなります!

オススメは英検といえば定番のパス単です!

通学時間なども活用して何度も覚えるまで、繰り返して取り組みましょう。

最近はオンラインでもパス単を用いて、英検対策ができますよ!

パス単以外にも英検に役立つコンテンツが盛りだくさんのサイト!要チェックです!

 リスニングはTEDで!

英検準1級になると、リスニングのスピードもだいぶ速くなります。

英検準1級の参考書などを用いてリスニング練習をすることもできますが、私がオススメするのはTED!

せっかくリスニング練習をするのであれば、教養もつけたいですよね(笑)

TEDは世界中で行われているプレゼンテーション大会です!多言語字幕にも対応しています。

プレゼンテーションのトピックは様々なので、自分の興味のある分野を調べて見てください!

ライティングの型を覚える

対策が取りにくいライティング対策!

ここでのコツは型を覚えることです。

英語のエッセイはどんなトピックであっても

Introduction→body→conclusionの順番で進みます!

Introductionには最後のthesis statementを含む

bodyにはtopic sentence

conclusionにはfinal thoughtを含むなど、それぞれに入れるべき文章の構造があります!

また finally, thus, thereforeなどのエッセイで使える接続詞や使うことが望ましくない言葉(really, veryなど)もチェックしておきましょう!

できるだけ難しい言葉を言い換えたり、同じ表現を何度も使わなかったりすることも大切です。

周りに添削する人がいないのであれば、添削サービスを頼むのも一種の手です!

英検にも対応しているサービスを紹介します。


スピーキングはオンライン英会話やYoutubeを活用しよう

無事1次試験を合格したら、2次試験のスピーキングに進むことになります!

対面で練習の機会があればいいのですが、難しいことが多いここ最近。

そんな時はオンライン英会話を活用しましょう!

ハッチリンクジュニアは小学生から高校生までを対象としたオンライン英会話スクールです。

【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

またYouTubeを用いて、試験の流れを知ることもできます!

オンラインを活用して英検対策!

今回は高校生が英検準1級に合格するコツを紹介しました!

大学入試にも活用の幅が広がっている英検、是非とも準1級を取得して活用させてください!

また最近はオンラインでの学習も盛んであるため、

参考書だけではなくオンラインを活用した勉強も是非取り組んでくださいね。生きた英語が学べますよ!


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる