【韓国大学院】奨学金をまとめてみました(東国大学・弘益大学・スンミョン女子大学編)【留学】

2021年4月4日

【韓国大学院】奨学金をまとめてみました(東国大学・弘益大学・スンミョン女子大学編)【留学】

海外院進学を考える心理学専攻大学3年生による、韓国大学院の奨学金をまとめてみましたシリーズ

今回は韓国大学院留学で役立つ奨学金(インソウル編④)を紹介したいと思います!

インソウルとは韓国の首都・ソウルに位置する大学群を意味しており、韓国の大学ランキングでも上位を占める大学の集まりです。

前回までの記事(詳しくはブログ内検索で大学名で検索してください!)




今回はインソウル第四弾として、

東国(トングク)大学・弘益(ホンイク)大学・スンミョン女子大学を紹介します!

※情報は全て日本人を対象として含むもの、投稿時のものです。

スポンサーリンク

韓国大学院留学で役立つ奨学金(インソウル編④)

東国大学

東国大学は仏教系私立大学

公式の奨学金情報はこちらから

奨学金

1学期目

TOPIK3級を持つ者→学費30%免除

TOPIK4-6級を持つ者→学費50%免除

英語のスコア(IELTS5.5・TOEFL IBT71以上など)を持つ者→学費50%免除

2学期目以降

前学期のGPAが3.50以上3.99→学費30%免除

前学期のGPAが4.00以上4.50→学費50%免除

その他の奨学金

Scholarship for Engineering/Natural Sciences major (SRD)

ー 理系専攻(自然科学・エンジニア・医学・薬学)向け奨学金

ー 三種類あり

ー 全て学費と入学費100%免除

Scholarship for Humanities & Sociology students 

ー 文系向け(人文学・社会科学分野)の奨学金

ー 全て学費と入学費100%免除

※上記両方ともジャーナルに卒業時までに論文を数本(本数は種類による)を提出することを条件としている

その他の種類の奨学金もありますが、種類が多い+対象が狭いので省きます!

奨学金の種類が多く、充実している印象を受けました。

弘益大学

観光客にも大人気・若者の街 ホンデにある私立大学

公式の奨学金情報はこちらから

学部と合わせると大学独自の奨学金が28種類・他の団体との共同奨学金が70種類以上あるようです!

Hongik Scholarship

入学時

入学した外国人生徒に100万ウォン支給

Global Scholarship

条件:入学申請時に共同研究計画書の提出など

GPAが3.5以上

研究の手伝い

国際的な研究会への論文提出

メリット:2年間学費・入学費全額免除

Industrial Convergence Interdepartmental Program

学際プログラムから選ばれた生徒に4セメスター学費50%免除

2学期以降

Studying Scholarship→経済的な支援が必要な生徒に学費30%免除

その他、授業のアシスタントなどを通して得る奨学金があります。

詳しい情報はこちらから(韓国語)

スンミョン女子大学

韓国で梨大ついで賢いとされている女子大学です!

奨学金情報はこちらから

Entrance Scholarships

入学時(1セメスター)の奨学金は4種類!

全て大学でのGPA、面接の成績、TOPIKのスコアによって決められます!

A:入学費・授業料100%免除

B:入学費・授業料70%免除

C:入学費・授業料50%免除

D:入学費免除

2学期以降の奨学金

条件:全学期のGPAに基づく

1セメスターにつき6単位を取らなければならない

額についての記載はありませんが、自動的に学費が何%か免除になるみたいです!

まとめ

今回の韓国大学院の奨学金をまとめてみましたシリーズ

インソウルの中から東国(トングク)大学・弘益(ホンイク)大学・スンミョン女子大学を紹介しました!

そろそろ情報量も限られてきたので、インソウルは終わりにしたいと思います。

またリクエストがあったらor気が向いたらまとめます!


スポンサーリンク