Joanが知るBMの高校時代 feat Joan Kim(GET REAL#16 プニエル・BM・アシュリー 和訳) 

今回の和訳はGET REAL#16のハイライトからです!

GET REALはDIVE SudiosによるBTOBプニエル・KARD BM・元Ladies’ Codeのアシュリーがホストのポッドキャスト番組です!

詳しくはこちらを参照ください。

できる限り正確に訳しているつもりですが、素人のため意訳を多少含み、完璧ではないのでご了承ください。

目次

Joanが知るBMの高校時代

今回のテーマは「ガールトーク」

YouTuberのJoan Kimを初の女性ゲストとして招き、ガールトークを繰り広げています!

実はBMとJoanは同じ高校出身!

ハイライトは「Joanが知るBMの高校時代」です!

BM(以後B):女友達と男友達でどのように親しい友情を取り分けてる?

Peniel(以下P):女子の間ではもっと共感できるようなことを話すんじゃないかな 男より

Ashley(以下A):全然違うよ 女友達との間では、もっと感情的なトピックとか深い話をする 男友達とでは 私が話を聞く立場 女の子の話とか、ビジネスとか生活とかね 聞いて、ただ「うん うん」と頷く

B:役に立たないね

一同:爆笑

P:他の言葉では

B:役に立たない

P:オブラートに包んだから 良いように聞こえていたけど 他の言葉では役立たず(笑)

A:いや 楽しいよ

P:Ashleyが誰か話を聞いて欲しい人がいる時は女友達なんだ そして暇で後ろの騒音のようなものが欲しい時は男友達なんだ

Joan(以下J):そう!

A:PenielもBMも親しい女友達も男友達もいるけど、どういう違いがあるの?どう違うの?

P:わかんないな あんまり変わらないと思う

B:友達によるかな 女性っぽい男友達もいるし そういう仲ではギャグを言ったりするけど 女性ぽいものをね でも男らしい友達といる時は「調子はどう?」、「おっす!」て感じかな 女友達とは…… おてんばな友達もいるから、そういう時は男友達と同じかな でも女の子の中でも女の子らしい友達とは女性っぽい男友達と同じかな 感情的なことを話したり わからないけど、そういう感情的な話に合わせるのが好き 高校ではたくさんの女の子と仲が良かった

J:実はね…..

A・P:言っちゃえ!

J:マット(BM)は女の子の友達ばかりいて、男友達は3人だけみたいだった

B:多数の女の子と仲が良かった

J:いつも学校で彼を見ると 女の子のグループにいた でもそれはヒップホップダンスチームにいたからでもあるよね?ほとんどが女の子の

B:うん

J:だから女の子に人気があったの

B:でも 遊び人タイプではなかった

J:うん うん 誰とも付き合っていなかったみたいだし 誰ともね 彼はただ普通に

P:それとも彼は……

J:違う違う 違うかった でも私の女友達グループでもそうだったけど 友達が「なんで男は全員マットみたいになれないんだろう?」て言ってた

B:若い時 良い人だったんだよ

J:めっちゃ良い人だった いつもハグしたり、話を聞いてくれるから そういうのが上手かった

B:自分も楽しんでいた

A:たくさん女の子がマットのこと好きだったんだと確実に思う 知らなかっただけで

J:うん 絶対そう

B:いや だってみんな他の男子ととの悩みを相談して来たから、心の中では悩みがあったら「おいでここに」という感じ

一同:爆笑

P:お悩みならここに(笑)

B:サインを見せて いつ自分は来るのかな?

J:多分 サインは与えていたよ

B:それがサインだったみたいに?

J:そうそう 「あの….」みたいに(説明:女の子が相談して来たこと自体が間接的なサインだったということです)

P:それがサインだったんだ

J:「これが私のサイン」

P:サインを見逃したね

B:そうだったら めっちゃたくさんのサインを見逃しちゃったみたい

まとめ

思わぬ過去を暴露されたBM!

女友達に囲まれる男の子は相談されがちですよね

特にアメリカのドラマでよくこの光景を見ます(笑)

今回のフルエピソードはこちら

ハイライトは27:40〜です!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる