BLACKPINK ジェニーから学ぶ英会話フレーズ!【英語学習】

2021年4月3日

スポンサーリンク

BLACKPINK ジェニーから学ぶ英会話フレーズ!【英語学習】

今回は2018年にソロ曲"Solo"をリリースしたBLACKPINK ジェニーのインタビュー動画から英会話フレーズを学びましょう!

和訳とともに紹介します!

動画のタイトルは Jennie of BLACKPINK Opens Up About Her Song “Solo"

和訳は「ブラックピンクのジェニーがSoloについて語る」

インタビュワーとジェニーの2人の会談形式となっています。

まずは動画を見て見ましょう(英語字幕ありでもOK)


Jennie of BLACKPINK Opens Up About Her Song “Solo" | Billboard

みなさん聞き取れましたか?

聞いた印象としては、インタビュワーは早口ですが、ジェニーはゆっくり話しています。

英会話フレーズ

まずは会話を聞き取るためのフレーズを紹介します。

a little bit about:〜について少し 単語は難しくありませんが、聞き取りが難しいフレーズです 耳を慣らしましょう

(例)tell me a little bit about how if feels to be the first BLACKPINK member to release your own solo song?(0:24)

BLACKPINKのメンバーの中で初めてソロ曲を出した気分を教えてください

represent:代表する

(例)There was definitely some pressure when I was starting, because I was representing myself and also BLACKPINK for the very first time.(0:29)

自分とブラックピンクを初めて代表しなければならなかったから、始めた頃は確実にプレッシャーがありました

encourage:勇気付ける

(例)They’ve been encouraging me from day one.(0:48)

初日から励まし続けてくれています

take away from:〜から学ぶ take awayで連れて行くと言う意味がありますが、この場合は学ぶや感じとると言う意味の方が強いです

(例)What did you want people to take away from it?(0:54)

リスナーにはどのようなことを学んで欲しいですか

apart from:〜から離れて

(例)apart from relationship status type of meaning(0:58)

人間関係の地位などから離れて

be confident:自信を持つ

(例)the song has a meaning of being true to yourself and being confident(1:00)

この曲には自分自身に忠実になり、自信を持つと言う意味を込めている

embrace:受け入れる

(例)I hope the listeners can embrace the message(1:06)

リスナーの方々にはそのメッセージを受け入れて欲しいです

shoot:撮影する

(例)it was my very first time shooting a music video overseas(1:48)

MVを海外で撮影することは私にとって初めてでした

get up to:する カジュアルで口語的な表現です

(例)What sort of things do you get up to ?(2:37)

どんなことをしますか?

be on my own:一人でいる

(例)I don’t do much when I’m on my own(2:41)

一人でいる時はあまり物事をしません

go to:よくすること

(例)That’s my go to every day(3:00)

それが毎日よくすることです

coming up:やがて直ぐやってくる up-comingで名詞として使われる時もあります

(例)We have a world tour coming up(3:47)

やがて直ぐやってくるワールドツアーがあります

spoil:バラす(言う)

(例)I cannot spoil for you guys(3:57)

まだ皆さんにバラすことはできません

stay tuned:乞うご期待

(例)Please stay tuned!(4:01)

乞うご期待ください!

単語を頭に入れた後、もう一度動画を見てください!

どうですか?ジェニーが使っている言葉はあまり難しくないことがわかると思います。

和訳

次に和訳の紹介です

インタビュワー(以後T):こんにちはビルボードのTarmar Hermanです 私は今ブラックピンクのジェニーと一緒にいます

ジェニー(以後J):こんにちは 私はどこを見ているの? ここだ こんにちは(笑)

T:今日の気分はどう?

J:良いです ありがとう

T:先日"Solo"が発売されましたが、調子も良いみたいで素晴らしい BLACKPINKのメンバーの中で初めてソロ曲を出した気分を教えてください

J:自分とブラックピンクを初めて代表しなければならなかったから、始めた頃は確実にプレッシャーがありました でもプロセスを楽しもうとしました 全てが楽しかったです メンバーもたくさん助けてくれました 初日から励まし続けてくれました

T:良いですね 曲自体がSoloとのことですが、聞く人にはどのようなことを学んで欲しいですか

J:人間関係の地位を離れて、この曲には自分自身に忠実になり、自信を持つと言う意味を込めているのでリスナーの方々にはそのメッセージを受け入れて、私自身が楽しんだように楽しんで欲しいです。

T:曲が人気となり 米国ビルボードのデジタル曲売り上げチャートで一位になりましたが これに対してはどのような気分ですか?

J:最初にニュースを聞いたときは 信じられませんでした 「そんなわけない」みたいに 世界中でたくさんの人が実際私の曲を聞いていたことにとても驚きました またとても支援的で曲を愛してくれているみたいです とてもありがたく思っているし、感謝しています

T:ビジュアル的・パフォーマス的な要素があったり、曲自身もですがこの曲の製作において一番の思い出は何ですか?

J:海外でMV撮影をすることは初めてでした また初めてのロンドンだったのですが、とても美しい、いつか住みたいプリンセスの館みたいな所で 全てが映画みたいでした 映画のキャラクターのように感じて、演技もしていました ロンドンでの撮影の全てが素晴らしい体験で とてもタイトなスケジュールで、そこまでたくさん楽しむことはできませんでしたが 完成したMVを見てみると 「ここ覚えてる」みたいな感じで

T:ジェニーが訪れたいのはロンドンなのね(笑) 曲のタイトルが"Solo"ですが、一人でいる時はどのようなことをしますか?

J:実は恥ずかしのですが、一人でいる時はあまり物事をしません 愛犬と遊んだり

T:(ちゃんとしているじゃない!)

J:はい ただ家族と家にいたり、美味しいものを食べたり 今は韓国でイチゴが美味しい時期なので 最近それが毎日よくすることです そしてリラックスしたり、ただ他のことから距離をおいて休みます

T:忙しい日々ですものね

J:BLACKPINKについては全てのことがめまぐるしい(忙しい) ソウルでコンサートがあるし、あちこちに行ったり 何かの準備をしたり(笑) 何か新しいことのね 来年の

T:私たちは期待すべきですね

J:でも はい なので自由な時間がある時は、ただ家で休んで、リラックスします(笑)

T:近いうちにたくさん休めると良いですね そして私たちを2019年にワクワクさせて! 2019年にはあなたとブラックピンクで何がありますか?

J:やがて直ぐやってくるワールドツアーがあります とても楽しみです 他にもありますが、ここでバラすことはできません(笑)直ぐに来ます 乞うご期待を!必ず来ます!それしか言えません(笑)

T:絶対に待ちます

J:ありがとうございます

T:米国ビルボードのオーディエンスに何か言いたいことはありますか?

J:こんにちは ジェニーです 今日はこうしてビルボードからのインタビューを受けられて、光栄です。素敵な時間を過ごしました SoloとBLACKPINKを愛してくださり、ありがとうございます また直ぐにお会いしましょう!待っていてください!さようなら!

最後にもう1回

和訳を見た後or見ながら 最後にもう1回聞いてみましょう


Jennie of BLACKPINK Opens Up About Her Song “Solo" | Billboard

どうでしょうか?早くても聞き取れる部分が増えたと思います!

話の内容もインタビューにありがちな質問が多かったので、このインタビューを聞き取れるようになれば他のアーティストのインタビューでも似たようなフレーズを聞き取れると思います。

ジェニーは聞き取りやすく綺麗な英語を優雅に話しています!(優雅は私の主観です笑)

BLACKPINKで英語を喋るメンバーは多いので、これからも英語学習に活用していきましょう!

それではまた次回!

スポンサーリンク